サービス紹介

トップ > サービス紹介 > 労務相談事例紹介
  • 経営支援型人事制度構築
  • 就業規則作成支援
  • 社会保険労務士顧問
  • 助成金申請支援
  • 行政提出書類の作成・提出
  • 労務相談事例紹介

掲載記事紹介

人事実務【改正育児介護休業法】掲載

2017/04/01
人事実務 産労総合研究所 2017年4月号 掲載

改正 育児介護休業法
有期契約労働者の育児休業・介護休業の取得要件の緩和等について掲載

労務事情【従業員の扶養家族にかかわる社会保険】 掲載

2015/06/15
〈チェックテスト〉
従業員の扶養家族にかかわる社会保険
・被扶養者の範囲,被扶養者の収入要件等
・被扶養者が働き始めたときの手続き,年齢要件
・事実婚,離婚における扶養の取扱い
・扶養家族のマイナンバーの確認 など

TV出演

人事・労務の専門家として、高年齢者の雇用がどう変化していくのか、企業対応はどうなるのか等を1時間にわたり、生放送でお届けしました。

お客様の声

採用情報

無料個別相談会

期間限定無料個別相談会実施中

現在、期間限定で無料個別相談会を実施しております。定数に限りがありますので、お早めにご予約下さい。

[詳細・ご予約はこちら]

韓国から日本に進出してくる会社様へ

韓国から日本に進出してくる会社様へ

韓国から日本に進出し、社員を雇う場合など、会社が行うことはたくさんあります。お手続きから運用まで徹底的にサポート致します!

[詳細はこちら]

株式会社ユニプラグド

労務トラブル急増中。

職場で働く限り、往々にして採用・労働契約・就業規則・賃金・労働時間・休日・休暇・退職・解雇等の問題がつきまといます。トラブルを未然に防ぎ、円満な労使関係を築く為には、労働基準法を始めとする労働関係諸法令の知識が必要不可欠となります。

労働基準法第10条では、社長及び経営幹部(管理監督者)等を「使用者」として定めており、「使用者」とは「事業又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為するすべての者をいう。」とされています。
労働者を一人でも指揮監督する者は、使用者としての責任を負うことになります。しかし、経営者及び経営幹部の方々は労働関係の法律について最低限の知識はあっても詳細までつっこんだ理解が得られていないのが現状です。又、労働関係諸法令は改正事項も多く、日常の業務を行いながら制度を追いかけるのは至難の業です。
・直面する様々な労務に関する対処法が知りたい
・書類及び手続きの実務がよくわからない
・役所に聞いてもたらい回しにされる
・法改正情報をいち早く察知し、コンプライアンスに役立てたい
等のお困りごとは何なりとお申し付け下さい。