サービス紹介

トップ > サービス紹介 > 労務相談事例紹介 > 退職に関する労務相談
  • 経営支援型人事制度構築
  • 就業規則作成支援
  • 社会保険労務士顧問
  • 助成金申請支援
  • 行政提出書類の作成・提出
  • 労務相談事例紹介

掲載記事紹介

新しい労働時間管理導入と運用の実務【2018年9月20日出版】

2018/09/20
自社に最適な制度が見つかる
新しい労働時間管理=導入と運用の実務=
2018.9.20出版【日本実業出版社】

労働時間管理に関する、さまざまな制度導入のポイントを紹介
働き方改革にも対応!

10年継続できる士業事務所の経営術【2018年8月20日出版】

2018/07/28
10年継続できる士業事務所の経営術
‐安定運営のための48のポイント‐
2018年8月20日出版(合同フォレスト)
https://amzn.to/2Oenobn

士業戦国時代、ポイントさえ押さえれば、安定した事務所運営が行える!
士業事務所運営の再現性の高い経営ノウハウを公開しています。

書籍

書籍2

TV出演

人事・労務の専門家として、高年齢者の雇用がどう変化していくのか、企業対応はどうなるのか等を1時間にわたり、生放送でお届けしました。

お客様の声

採用情報

個別相談会

個別相談会実施中

現在、個別相談会を実施しております。定数に限りがありますので、お早めにご予約下さい。

[詳細・ご予約はこちら]

韓国から日本に進出してくる会社様へ

韓国から日本に進出してくる会社様へ

韓国から日本に進出し、社員を雇う場合など、会社が行うことはたくさんあります。お手続きから運用まで徹底的にサポート致します!

[詳細はこちら]

SRPⅡ認証ロゴ

株式会社ユニプラグド

退職に関する労務相談

退職届と退職願は違います。
退職される方によって退職届を出してもらったり退職願を出してもらったり、対応がバラバラの会社をよく見かけます。
退職願は言葉のとおり、退職することを「願い」でるものであり、「退職届」は退職することを最終的に「通告する」ものです。
ここでは、退職すること自体を撤回できるのかどうかがよく問題となります。 結論から申しますと、退職届は退職の意思表示が会社に到達したとされますので、撤回はできなくなると解釈されています。退職願いは、会社の承諾がなければ撤回できると解釈されています。

まとめてみますと・・・
退職願
合意により労働契約を解約してもらうための申し出です。退職したい旨を申し出るため会社から本人の退職を承諾する旨の通知がなされる前であれば撤回が原則として可能です。承認の方法は口達や文書があります。

退職届
退職願とは異なり、特別な理由がない限りは撤回できません。

会社にとっても、労働者にとっても「退職」は重大な出来事ですから、事実が発生した場合は、どちらで申し出ているのかをしっかりと確認し、丁寧な説明を行うことで、トラブルを回避することが必要です。